歯周病

歯周病とは

歯周病とは、歯の周りの組織(歯周組織)=骨、歯ぐき(歯肉)が破壊されていく病気です。
自覚症状がなく進行することが多いので、症状(腫れ、痛み、動揺など)が出たときには、かなり進行している場合が多いです。
成人の歯を失う原因の第一位は歯周病です。

表参道デンタルオフィスでは、患者様の大切な歯をお守りするために、歯周病の治療に積極的に取り組んでいます。
常に最新の情報と治療技術の習得に努め日々研鑽を積んでおります。
やはり、自分の歯がいちばんです。患者様の大切な歯を1本でも多く残せるように、スタッフ一同全力を尽くします。

歯周病の原因

「歯が抜けるのは、年のせいなのでしょうがない…」、と思っていませんか。それは大きな間違いです。
歯周病の原因は、歯についているプラーク(細菌)です。
プラーク(細菌)が歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に入り込み、それによって、歯を支えている骨を溶かしていくのです。

歯周病の原因

歯周組織再生療法

以前は、歯周病は、治らない病気とされてきましたが、近年の歯周病の治療法の進歩はめざましく、特に、歯周組織の再生治療の進歩により、今までは抜歯していた歯でも生かせることができるようになりました。

治療症例1
Before
歯周組織再生療法:施術前
歯周病に罹患した歯。根の先まで骨が溶けています。
After
歯周組織再生療法:施術後
再生療法後。骨が再生し、抜歯せずに残すことができました。
治療症例2
Before
歯周組織再生療法:施術前
歯周病で矢印のところの骨が溶けて無くなっています(重度歯 周炎)。動揺もあり、腫れて膿がたまっていました。
After
歯周組織再生療法:施術後
再生療法により骨が再生し、抜歯せずに残すことができました。
治療症例3
Before
歯周組織再生療法:施術前
After
歯周組織再生療法:施術後

ページトップへ

診療案内