審美歯科

審美歯科とは

素敵な笑顔は、美しい口元から生まれます。
より美しくそして 若々しくみえる口元づくりには、豊富な知識と技術、そして何より 歯科医師の美的センスが重要です。
審美歯科の分野は私(院長)の大好きな、そして得意とする分野です。
患者様おひとりおひとりの魅力を最大限に引き出す”スマイル”のために、細部にまでとことんこだわります。

オールセラミックスクラウン

セラミックスのみを使った被せ物で、金属は使用致しません。
セラミックスの最大の特徴は、他の素材に比べて天然歯に最も近い色調と透明感を表現できることです。
奥歯にも対応でき、見た目も機能的な面においても、より一層のご満足が得られると思います。
またセラミックスは生体親和性が高いため、体に優しく金属アレルギーの心配もありません。
歯ぐきの黒ずみもありません。

オールセラミックスクラウンのメリット
  • 審美性が高く、天然の歯と見た目がほとんど変わりません。
  • 金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。
  • 時間が経っても、変色しません。
オールセラミックスクラウンのデメリット
  • 健康保険適用外です。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削りそこへセラミックでできた薄い被せ物をネイルのように被せる審美歯科治療です。
セラミッククラウンに比べ、歯の削り量を抑えることができるので、歯への負担をあまりかけずに行える治療です。

ラミネートベニアのメリット
  • 審美的に優れており、天然の歯と比べても遜色ありません。
  • 歯を削る量が少なく、歯への負担を抑えることができます。
  • セラミック素材でできているので、金属アレルギーの心配がありません。
ラミネートベニアのデメリット
  • 歯並びが悪いと、適用できない場合がございます。
  • 健康保険適用外です。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯に特殊な薬剤を塗り沈着した色素を分解し、
エナメル質に光沢を持たせる審美治療です。
ホワイトニングには、自宅で患者様ご自身で行うホームホワイトニングと、歯科医院にて行うオフィスホワイトニングの2種類がございます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院にて専用のマウストレーを作製し、その中に歯を白くする薬剤を流しこみ装着して行うホワイトニングです。
歯科医院ではなく、自宅にて患者様自身によって行うホワイトニングなので、気楽に行うことが出来ます。
薬剤は弱めなので、歯を白くするまでに2~4週間ほどかかりますが、歯へのダメージが少なく、持続効果にも優れております。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院にて歯科医師の指導の下行うホワイトニングです。
ホームホワイトニングよりも、高濃度の薬剤を歯に塗布し特殊なレーザーを当てることによって、薬剤の化学反応を促し歯を白くしていきます。

オフィスホワイトニングの特徴として、ホームホワイトニングよりも濃度の高い薬剤を使用するので短時間で歯を白くすることができます。

オールセラミックスクラウン治療症例

オールセラミックスクラウン:治療症例1
Before
オールセラミックスクラウン:施術前
ずっと前歯が お悩みでした。
After
オールセラミックスクラウン:施術後
オールセラミックスクラウンで修復しました。
とても自然な仕上がりに大変喜ばれました。
オールセラミックスクラウン:治療症例2
Before
オールセラミックスクラウン:施術前
全体的に歯ぐきが下がってしています。
差し歯も審美的に問題があります。
After
オールセラミックスクラウン:施術後
下がった歯ぐきをもどす処置(根面被覆)をして、黄色の矢印(↑)の歯はオールセラミックスクラウンで修復しました。ピンク色の矢印(↑)の歯はラミネートベニアで修復しています。自然な美しい仕上がりに患者様も大変満足されました。
オールセラミックスクラウン:治療症例3
Before
オールセラミックスクラウン:施術前
After
オールセラミックスクラウン:施術後
黄色の矢印(↑)のところがオールセラミックスクラウンです。
自然な美しい仕上がりに患者様はとても満足されました。

ページトップ

インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。
埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。
その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。

表参道デンタルオフィスのインプラント

当院では、インプラントと天然歯を含めて患者様のお口全体を総合的に診査診断し、十分にカウンセリングを行い、患者様とご相談の上、治療計画をたてて治療を進めていきます。

「骨が薄くてインプラントはできない」とあきらめていませんか。
組織再生医療の進歩により、骨の再生、増生、骨移植、歯肉移植、などの治療技術はとても進んでいます。
当院では、これらの治療技術により、今まで「インプラント治療は無理」と言われてこられた難しい症例の患者様や、高い審美を求められる患者様にも対応しています。

静脈内鎮静法

インプラントのオペ等をする際に、緊張の強い方や恐怖心を和らげるために当院では静脈内鎮静法を行うことができます。
静脈内鎮静法とは、鎮痛薬と向精神薬を静脈に投与しボーッとした状態を作る方法です。
治療中は眠くなっているような状態になり、リラックスして治療を受けることができます。

また、全身麻酔とは異なり意識が完全になくなることはございません。
お薬が効いている間は、ボーっとしますが徐々に意識も明瞭になってきますので、心配はございません。

治療にあたってのご注意

  1. 前日や当日に体調が悪い患者様は治療が延期される場合がございます。
    また、アルコールを控え睡眠を十分にとりましょう。
  2. 午前中から治療がございます患者様は、朝食は満腹にならないよう軽めに済ませて下さい。
    また、治療開始の1時間前までに水分補給をし、それ以後は口にしないようお願い致します。

インプラント治療症例

治療症例1
Before
インプラント:施術前
前歯が折れ、抜歯になりました。歯が折れたことによる炎症で歯の周囲の骨が一部溶けて無くなっていました。
After
インプラント:施術後
インプラント治療後。隣の差し歯もオールセラミックスクラウンで被せ直しました。骨幅を増やす処置(GBR法)も行なっていますので、今後、歯ぐきが下がるなどのトラブルを避けられます。とても自然に仕上がり、患者様も大変満足されました。
治療症例2
Before
インプラント:施術前
転倒で前歯が折れてしまいました(向かって右)。
After
インプラント:施術後
抜歯して、インプラントで修複しました。
自然で隣の自分の歯と見分けがつかないと満足されました。
治療症例3
Before
インプラント:施術前
長い間、歯で悩まれている患者様でした。
After
インプラント:施術後
下の前歯は歯周病の治療をして残しオールセラミックスクラウン、奥歯はインプラントで修復、上はインプラントで支える入れ歯、で治療しました。
自然な歯でしっかり噛めるようになり「先生と出会えてよかった」と言ってくださいました。
治療症例4
Before
インプラント施術前
下の奥歯です。
入れ歯を使用されておりましたが、自分の歯のようにしっかり咬めるようにとインプラントを希望されました。
After
インプラント:施術後
黄色の矢印(↑)のところがインプラントです。
骨の幅を増やす処置(GBR法)と、ブラッシングしやすいように、丈夫な歯ぐき(角化歯肉)の移植(遊離歯肉移植)もしました。
治療症例5
Before
インプラント:施術前
上の奥歯が欠損しています。
上の奥歯の骨は薄いことが多く、この患者様もそうでした。また、骨のくぼみもあります。
After
インプラント:施術後
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)およびGBR法(歯槽骨増大術)という処置を併用して、骨の量をふやし、インプラント治療をしました。(↑) インプラントの外側の歯ぐきには、丈夫な歯ぐきを移植して(遊離歯肉移植)、ブラッシングしやすくしました。
治療症例6
Before
インプラント:施術前
入れ歯で苦労されていました。
著しく骨が痩せてしまっています。
このままではインプラントは無理です。
After
インプラント:施術後
骨を増やす処置(歯槽堤増大術)をして、4本インプラントを入れました。
見た目も自然に仕上がり、入れ歯から解放された事にとても喜んでおられました。

歯槽骨増大術(GBR法)

Before
GBR法:施術前
下の奥歯です。
このままでは、インプラント治療をするための、骨の高さも幅も足りません。
After
GBR法:施術後
インプラントを埋める手術直前の写真です。
GBR法で、インプイラント治療をするのに、充分な骨の量をふやしました。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイナスリフト

上あごの奥歯部分は、インプラントを埋めるための骨の厚みが不足しているケースがあります。
サイナスリフトとは、このような場合に骨を増やす方法です。

サイナスリフトにより、骨の厚みを増やしました。(↑)
もとの骨の厚みは緑矢印(↑)です。

ページトップへ

歯周病

歯周病とは

歯周病とは、歯の周りの組織(歯周組織)=骨、歯ぐき(歯肉)が破壊されていく病気です。
自覚症状がなく進行することが多いので、症状(腫れ、痛み、動揺など)が出たときには、かなり進行している場合が多いです。
成人の歯を失う原因の第一位は歯周病です。

表参道デンタルオフィスでは、患者様の大切な歯をお守りするために、歯周病の治療に積極的に取り組んでいます。
常に最新の情報と治療技術の習得に努め日々研鑽を積んでおります。
やはり、自分の歯がいちばんです。患者様の大切な歯を1本でも多く残せるように、スタッフ一同全力を尽くします。

歯周病の原因

「歯が抜けるのは、年のせいなのでしょうがない…」、と思っていませんか。それは大きな間違いです。
歯周病の原因は、歯についているプラーク(細菌)です。
プラーク(細菌)が歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)に入り込み、それによって、歯を支えている骨を溶かしていくのです。

歯周病の原因

歯周組織再生療法

以前は、歯周病は、治らない病気とされてきましたが、近年の歯周病の治療法の進歩はめざましく、特に、歯周組織の再生治療の進歩により、今までは抜歯していた歯でも生かせることができるようになりました。

治療症例1
Before
歯周組織再生療法:施術前
歯周病に罹患した歯。根の先まで骨が溶けています。
After
歯周組織再生療法:施術後
再生療法後。骨が再生し、抜歯せずに残すことができました
治療症例2
Before
歯周組織再生療法:施術前
歯周病で矢印のところの骨が溶けて無くなっています(重度歯 周炎)。動揺もあり、腫れて膿がたまっていました。
After
歯周組織再生療法:施術後
再生療法により骨が再生し、抜歯せずに残すことができました。
治療症例3
Before
歯周組織再生療法:施術前
After
歯周組織再生療法:施術後

ページトップへ

歯周形成外科

「歯ぐきが下がって歯が長くみえる、しみる。」
「笑うと歯ぐきが見えすぎる」
「歯の長さが左右比対称」
「歯ぐきの色が悪い」

などのお悩みはありませんか。美しい笑顔をつくる口元は、歯と歯ぐきのバランスが重要です。下がった歯ぐきを元に戻す、見えすぎる歯ぐきを修正するなど、歯と歯ぐきのバランスを美しく整える処置を、歯周形成外科と言います。日本では、あまりなじみのない言葉ですが、米国では一般的に行なわれている治療です。あきらめていた歯ぐきのお悩みも、必ず処置法はあります。お気軽にご相談ください。

結合組織移植による根面被覆の症例

Before

歯ぐきが下がってしまっています。(↑)
見た目にも問題があります。
After

歯周形成外科で、露出した根面を歯ぐきで覆いました。(↑)
審美的にも改善されました。

根面被覆と歯肉整形後、審美修復した症例

Before

黄色の矢印(↑)の歯は、歯ぐきが下がっています。
歯の長さもそろっていません。
古い差し歯が入っています。
After

下がった歯ぐきを覆い、前歯4本の歯の長さをそろえて、オールセラミックスクラウンで修復しました。(↑)
下の前歯もオールセラミックのブリッジで修復しました。
美しく自然に仕上がり、患者様もとても喜ばれました。

ページトップへ

診療案内