渋谷区・表参道・原宿・青山からも通院便利表参道デンタルオフィス

精密根管治療
ENDO

根管治療とは

歯の中には、神経や血管が通っている「根管」と呼ばれる通路があります。根管治療は、細菌に感染してしまった根管をキレイに清掃した後、細菌が増えないよう材料でしっかりと封鎖する治療です。

根管治療が不十分だと根管内に再び細菌が増え、将来的に痛みや腫れを引き起こす原因となってしまい、再度治療をしなければならなくなります。その様な治療を繰り返すうちに歯がどんどん弱くなり抜歯となるケースも少なくありません。そうならないために、精密な根管治療は、歯を長く持たせるためにとても大事な治療です。

精度の高い根管治療のために

1.治療時間を十分に確保します
1回に1~2時間程度、しっかりと予約時間をお取りし、余裕を持って治療します。根管の形や数は人により異なります。根管が複雑なほど、感染が重度なほど、治療には回数を要しますが、妥協せず治療を行います。

2.ラバーダム防湿をします
治療中は根管の中に唾液が入らないよう、ラバーダム防湿を行います。治療器具が頬や舌を傷つける心配もなく、治療の水が喉に流れてくることもないので、安心して快適に治療を受けていただけます。

3.マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用します

マイクロスコープ
根管は細く複雑な構造をしています。マイクロスコープがなかった時代は、文字通り“手探り”の治療しかできませんでした。
マイクロスコープを根管治療に使用することで、細く塞がってしまった根管を探したり、歯に開いてしまった穴を埋めたり、歯根破折しているかどうか観察することができます。
治りの悪い歯がある場合、マイクロスコープを使わずに何度も何度も治療を繰り返すよりも、一度マイクロスコープで歯を覗いてみると、治りの悪い原因が見つかるかも知れません。

4.歯科用CTを使用します
必要に応じて歯科用CTを撮らせていただきます。歯科用CTは、三次元的に根管の形や位置関係を調べることができ、根管治療に大変役立ちます。

    • 治療症例1 X線写真
    • 治療前のX線写真では、左上の一番奥の歯の根の先端に病変(根尖性歯周炎が生じていることを示す黒い影)があることは分かりますが、その範囲や歯との位置関係、また歯の内部の構造まではよく分かりません。
    • 治療症例2 CT写真
    • 一方、CTでは、病変の範囲や歯との位置関係がよく分かります。また、異なる角度から見てみると、根管が1本処置されておらず、歯科材料が入っていないことも分かります。

抜歯になる前に

歯根端切除術

感染が根管の外(歯の外側)にまで及んでいる場合は、通常の根管治療では感染を除去できないことがあります。その場合は、汚染している歯根の先端を外科的に切除する治療法があります。この方法を用いることで、従来抜歯となっていた歯を救うことができる場合もあります。(※残念ながら、この治療が不向きな場合もあります。)

TREATMENT 診療案内

渋谷区神宮前表参道の歯科医院、表参道デンタルオフィスです。
インプラント、歯周病治療を中心に患者様のお口の健康をお守り致します。
スタッフは全員女性ですので、安心して何でもお気軽にご相談下さい。

  • 【所在地】東京都渋谷区神宮前6丁目1-4ガーデンテラス2F
  • 【連絡先】03-6427-7690
  • 【診療時間】8:30~18:00(時間外は応相談)
    ※曜日により変わりますのでご予約の際にお問い合わせください。
  • 【休診日】日曜日

診療カレンダー

  • リンク

    M.I.H.O. 矯正歯科クリニック
  • 歯科医院様へ

    歯科医院様へ CT撮影承ります