院内設備

歯科用CT

CTによる3次元画像により、通常のレントゲン写真ではわからなかった部分が、精密に、立体的に見ることができ、インプラント治療の精度も飛躍的に向上します。

歯科治療の従来の診断を大きく変えるCTスキャンの導入により今まで2次元のレベルでの診断が3次元立体画像でのレベルに変わり多くの情報を提供してくれます。

歯科用CT

歯科用CT撮影でわかること

インプラント治療において

歯科用CT

  • インプラントを埋める部位の骨の質や厚み・形態、神経・血管の位置が正確に分かり、確実な診断が可能となります。
    それにより、インプラント治療の安全性が飛躍的に向上します。
  • 手術中にもCT撮影ができることで、インプラントの位置や方向などの確認ができ、より安全・正確にインプラント手術をすることができます。
歯周病治療において
  • 歯の周囲の骨の破壊の程度が、立体的に把握でき、歯周病の進行度が正確に診断できます。
    それにより、最善の治療計画をたてることができ、治療の予知性が高くなります。
親知らずを抜く場合
  • 歯の位置や向き、また神経との位置関係が3次元的にわかることで、抜歯が手際よく安全に行えます。
根管治療において
  • 歯の根の先の病巣の状態など、通常レントゲン画像に比べてはるかに正確な診断ができます。
照射量の軽減
  • 実行照射時間はわずか11秒で、医科用CTに比べX線照射量は1/8~1/50と大幅に軽減できます。

デジタルレントゲンシステム

デジタルレントゲンシステム

従来のレントゲンに比べ、1/10のレントゲン照射量で撮影できます。
また現像液など、廃液がいっさい出ませんので、患者様の体にも、そして環境にもやさしいレントゲンです。

レーザーによる歯科治療

Er.YAG(エルビウム・ヤグ)レーザー

Er.YAGレーザー

Er.YAG(エルビウム・ヤグ)レーザーは唯一歯を削ることが認可されているレーザーです。
Er.YAGレーザーの殺菌力はインプラント手術後の術部の殺菌のみならず、術後の治癒も促進します。
体の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどなく、安全性の高いレーザー装置といわれています。
また、痛み・発熱、振動・音が非常に少ないことから、患者様に恐怖感・負担を与えることなく治療を行うことが可能です。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

炭酸ガスレーザーは波長が10.64μと遠赤外線領域に近く、また水分に吸収されるため、ごく浅い組織への影響のみで組織深部への影響がほとんど無く、非常に安全に使用することができます。
レーザーの出力や照射間隔の調整により、切開から、止血、殺菌、鎮痛・消炎、口内炎や、手術後の治癒能力の促進など、広範囲な治療に有効です。

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

超音波振動により、骨を切削する医療機器です。
軟組織(歯肉、血管、神経など)を傷つけずに、骨のみを切することができ、とても安全にインプラント手術をおこなうことができます。

電動注射器

電動注射器

麻酔の痛みを和らげるには、出来るだけ細い針を使ってゆっくりと麻酔液を注入することが必要です。
しかし、針が細くなるとその分強い力が必要になり、力のコントロールがしにくくなります。
電動注射器を使えば、細い針でもゆっくりと麻酔液を注入することが出来るので、麻酔時の痛みを少なくすることが出来ます。

DACユニバーサル

DACユニバーサル

DACユニバーサルはタービンのハンドピース(歯を切削する機械)の内部および外部を隅々まで徹底的に洗浄し、最適な滅菌処理がおこおなえます。
一度使用したタービンのハンドピース(歯を切削する機械)は患者様毎に毎回DACユニバーサルで滅菌処理しています。

高圧蒸気減菌器

高圧蒸気減菌器

適当な温度および圧力の飽和水蒸気で加熱することによって微生物を殺滅します。急速に加熱することで、滅菌する器具の深部にまで熱が素早く浸透して、耐熱性の芽胞形成菌を含め、すべての微生物を比較的短時間で確実に殺滅することができます。

口腔外バキューム(フリーアーム)

口腔外バキューム

歯を削るとき、飛沫や目に見えない程の細かな粉塵が飛び散り、知らず知らずのうちに、患者様の顔にかかったり、吸い込んでしまったりします。
これらの粉塵は、大きさや、付着する部位によりますが、次第に肺に沈着し、人体に悪影響を及ぼす事があります。
口腔外バキュームは、強力な吸引力で口腔外に漏れる有害な浮遊粉塵をすばやくキャッチし吸引し、診療室内の空気を、いつもクリーンに保てます。

生体モニター

生体モニター

手術などの際、血圧や心拍数、経皮的動脈血酸素飽和度などの生体情報を常時監視(モニタリング)する装置です。
患者様の状態を常に把握でき、大変安全に手術が行えます。

ページトップへ

診療案内